Q&A

よくある質問

初診時に必要なものはありますか。
保険証を必ずご持参ください。
また、他院からのご紹介状、各種医療費受給資格者証、健康診断や人間ドッグなどの結果表、お薬手帳などをお持ちの方はご提示ください。
予約は必要ですか。
初診は予約なしで診療を行っています。再診の場合、患者様の病態に応じて、診察後に受付にて予約票をお渡ししています。どちらも電話予約は行っておりません。また、労災保険診療が可能になりました。当院にない検査項目については、提携病院で予約できます。
リハビリで予約は必要ですか?
リハビリも初診と同様、予約なしの診療となります。整形外科を受診して理学療法士と相談のうえ、次回の予約を行っていただき、予約票をお渡ししています。その後、治療内容に応じて来院していただきます。
内科もありますか?
一般内科の診療を受け付けております。
健康保険は適用されますか?
各種健康保険を取り扱っています。初診時は保険証をご持参ください。再診の場合も、月初めに保険証をご提示ください。ただし、診療内容によっては保険が適用できない場合もあります。
訪問診療とは何ですか?
医師が患者様のご自宅を訪問して、診察・治療・検査・薬の処方および療養上のアドバイスをさせていただきます。ご自宅で医療が受けられるので、通院が困難な患者様のご負担を軽減できます。
駐車場はありますか?
当院前に専用駐車場があります。
整形外科と形成外科の違いは何ですか?
整形外科は首から下の骨や関節、脊髄の骨格的な治療を行います。形成外科は皮膚や美容整形など、身体の表面的な治療を行います(火傷も含む)。また、頭は脳外科、口の中は口腔外科になります。
整形外科の診察内容は何ですか?
整形外科は、身体の芯となる骨・関節などの骨格系とそれを囲む筋肉や神経系からなる「運動器」の疾患を扱う診療科です。背骨と骨盤という身体の土台骨と、四肢を主な治療対象とし、機能的改善を重要視して治療していきます。
背骨と脊髄を扱う「脊髄外科」、上肢を扱う「手の外科」と「肩関節外科」、下肢の「股関節外科」、「膝関節外科」と「足の外科」、スポーツによるケガや障害を扱う「スポーツ医学」、「リウマチ外科」、腫瘍(できもの)を扱う「骨・軟部腫瘍外科」、骨粗鬆症などを扱う「骨代謝外来」と多数の専門分野もあります。スポーツ傷害や交通外傷、労働災害などに代表される打撲・捻挫・骨折などの外傷、変形性変化を伴う加齢疾患、骨粗鬆症、関節リウマチ、通風、運動器の腫瘍、運動器の先天異常の診察も行っています。
など先天性疾患など、新生児時から老年まで幅広い患者層を扱います。
スポーツリハビリテーションとは何ですか?
選手がスポーツ復帰を目標に、患部だけでなく全身のトレーニングを行うことです。スポーツ外傷には、スポーツによる運動器の外傷と、スポーツを続けることで起きる慢性の障害があるので、ケガの経緯を踏まえ、回復状況に応じて復帰計画を立て、再発防止も考慮した問題解決につとめます。
  • 院長ご挨拶
  • 医師紹介
  • 診療案内
  • アクセスマップ
  • リクルート
  • Q&A
  • 在宅診療